目次へ

ハト豆ねっと


オモシロ たんけん倶楽部



オモシロ たんけん倶楽部

創業62年、こだわりの手づくり珈琲
  
『タカノ珈琲』
    
に行ってみました!



「美味しい珈琲を味わいたいなら、タカノ珈琲よ!」
と聞いてやってきたのは、川口アリオ近くにある『タカノ珈琲』。
コーヒー通に人気の珈琲専門店です。
焙煎工場には、コーヒーショップやギャラリーも併設されているので、ゆっくりコーヒーを飲みながら、至福のひととき!
本場ヨーロッパのコクと風味が味わえます。
試飲してからお気に入りを選べるのも嬉しいですね。


「わぁ〜、いい匂い!」
ショップの近くに来ただけでコーヒーの豊かな香りが漂ってきます。
ここは住宅街の中にある珈琲の焙煎工場。
ショップとギャラリーも併設されています。
「たくさんの種類があるね」
「世界中のコーヒーが集まってるみたいね。50種類もあるんだって!」
「これだけあると、何を選んでいいのか迷っちゃうなあ」
「ここはすべて試飲させてくれるから、お気に入りを探すにはぴったりね」


「苦いのがお好き?それとも酸味が効いてるのがいいですか?」
といろんなアドバイスをしてくれるのは、鷹野栄子さん(65歳)。
今一番人気があるのは、タカノの売り上げNo.1のブレンド『ロイヤルブレンド』、苦みのある『トラジャ深炒り』や有機栽培珈琲。
「コーヒーにも有機栽培があるんだね。知らなかったなあ」
「今は安心・安全なものを求めてる人が多いからね。ここは有機認証機関JONAの有機認定工場の資格を取得して、焙煎、販売をしてるんだって」
「ふ〜ん、有機栽培のものだけでも10種類もあるんだね」
「おススメのロイヤルブレンドは、東京にあった有名なコーヒー専門店『滝沢』で使ってたものだそうよ」
「へえ〜、有名店のコーヒーもここで焙煎されてるんだね」
「コーヒーの旨味を大きく左右するのが焙煎機なんだって。ここではドイツ製の特殊な焙煎機を使って、じっくり煎ってるので、豆の風味・コクを逃がさずにローストすることができるそうよ」
「まさに職人技ってわけね」


タカノ珈琲は先代が昭和25年に麻布で創業。
川口に工場を移してからは40年になりますが、創業62年の老舗です。
もともとは喫茶店などの業務用コーヒーの製造卸が中心でしたが、川口に工場を移したときにショップを併設、家庭用コーヒーの販売も始めるようになりました。
『最高の味づくり』にこだわるタカノのコーヒーは、長く地域の人たちに愛され、リピーターが多いのだそうです。
「赤ちゃんだった子が大きくなって、転勤先からも注文をくれるんですよ」
と嬉しそうに話す栄子さん。
やさしい雰囲気がお店全体にも広がって、素敵な空間を醸し出しています。


「手づくり作品コーナー」と書かれたギャラリーには、地域の人たちの作品がいっぱい!
今は40人の人たちが利用していて、委託販売展示をしています。
「このイヤリング、可愛い!」「素敵ね」
アクセサリーや手編み作品、パッチワーク、フラワーアレンジや洋服など、素敵な小物が並べられていて見ているだけでも楽しい!
ここではフラワーアレンジメントやワイヤー雑貨、スクラップブッキング、手編み教室などの教室も開催されているそうです。
「教室のスペース利用料は無料なんだって」
この日のギャラリーは、川口の永瀬政子さんの油絵作品が展示されていました。
「5月は世界遺産の写真が展示されるそうよ」
「でも、こういう場所を提供してるって素敵だよね。地域に密着していて、素晴らしいと思うわ」


小物を見ていたら、「コーヒーいかがですか」と美味しいコーヒーを入れてくださいました。
ここではカウンターやテーブル席、テラス席があるので、お気に入りのコーヒーが格安で味わえます。
「ブレンドコーヒーが200円なんて安い!」
ちょっと一息入れたい人におススメです。

「ドリップバックもいろいろあるね」
「私、このマエストロ珈琲と有機栽培珈琲を買ってみようっと」
「ギフトも充実してるね」
「ほら、世界のお菓子も置いてあるよ。ベルギー王室御用達のクッキーだって」

豊かな香りがいっぱいのコーヒー焙煎工場併設のコーヒーショップ、
コーヒー好きにはたまらないところでしたよ。

タカノ珈琲
川口市中青木2ー3ー40
電 話 048ー252ー7582
営業時間 AM10:00〜PM6:00
定休日 日曜日・祝日
駐車場 あり




目次へ